カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セシウム-137が最も蓄積されやすい野菜

神奈川県横浜市の学校給食委員会が給食用物資(2011年5月分)の産地を公表している。
13.jpg
[横浜市の学校給食で使用される野菜・果物類]
12.jpg

公表したのは、学校給食に使用する産地の問い合わせが多いためとしている。
問い合わせは原発事故後に増えたものと思われる。
公表資料によるとキャベツ,もやし,きゅうり,アスパラガス,牛肉に福島産が使用され、キャベツ,きゅうり,アスパラガス,みず菜,メロンに茨城産が使用されている。
キャベツはセシウム137が最も蓄積されやすい野菜のひとつである。

政府は確かに基準値を下回ったとして出荷制限を解除したが、その検査方法は、しっかり、念入りに、執拗に、水洗いして、切り刻んで、検査したものである。
はたして数百個ものキャベツがそのようにして念入りに洗われて給食に出るのだろうか?


ウクライナのチェルノブイリ原発事故による被災者の支援活動を行っているNPO法人「チェルノブイリ救援・中部」(本部・名古屋市)の報告によると、キャベツは放射性物質のセシウム-137が最も蓄積されやすい野菜のひとつであることがわかる。
0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e14.jpg
[pdfファイル:セシウム137の野菜への蓄積(NPO法人チェルノブイリ救援・中部)]
カラシナ、クレソン、キャベツ、ダイコンなどがセシウム-137が蓄積されやすく、トマト、ナス、カボチャなどが比較的蓄積されにくい野菜のようである。


さらに厚生省?から売れない福島県産の牛乳を、粉ミルクにしての販売など、粉末等に加工して売るよう指示が出ているらしいのですが本当でしょうか?新生児の子供に福島県産の体内濃縮たっぷりのセシウム牛乳を飲ませるのでしょうか?

怒りがこみあげてきます。

知人からは、現在、市場に出回っているのは安全なため今のうちに買いだめするように言われています。もちろん、粉ミルクだけに限らず他の食品にも注意されたしとか!料理しないのでよくわかりませんが、具体的にはレトルト?グラタンとかヤバいかもしれんから注意せよとのことです。

キチガイの集まりでしょうかこの国は?

スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 10:34:25|
  2. 店長の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガイガーカウンター | ホーム | 原発事故で被爆した日本人を救うラジウム石>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://indian.blog11.fc2.com/tb.php/767-cea3eb01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。