カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒマワリの放射能除染能力。ファイトレメディエーション(植物を用いた地盤の浄化法)について

c0139575_5263617.jpg


以前、ヒマワリを使った土壌の浄化を紹介しましたが、問い合わせが多かったので、資料を添付します。

ファイトレメディエーション(植物を用いた地盤の浄化法)について(寒地土木研究所月報第646号)」
http://www.ceri.go.jp/contents/news/20110322.html

ここで要点をまとめると ファイトレメディエーション(phytoremediation)とは、植物が根から水分や養分を吸収する能力を利用して重金属による土壌や地下水中の汚染物質を吸収、分解する技術を言う。

植物には根っこから土壌の放射性物質を吸収するものもあるそうで、その中でもヒマワリが最も吸収の効率が良いのだという。土壌の放射性物質の除去までに30年以上はかかると言われる場所でも、わずか20日で95%以上を除去したという記録が残っている。

 1995年に米ラトガーズ大学のスラビック・デュシェンコフ博士ら旧ソ連出身の植物学者達が、チェルノブイリ原発から1キロ離れた池で20種類の植物を栽培し、ヒマワリがセシウム137を根に、ストロンチウム90を花に蓄積することをつきとめた、という研究報告があるという。

しかし、補足として植物が一部の放射性物質を土壌から吸収して、その植物の体内に蓄積させることを除去と表現したものであり、放射性物質を分解したり消滅させたりするものではありません。空気中や根の届かない範囲の放射性物質に対する効果は期待できませんし、全ての放射性物質に効果があるかどうかも不明です。
植物を植えたから問題が解決するというものではなく、その処理まで含めた対応が必要であることを頭に入れなくてはならないとのことです。

-----------
当社では、被災地の小学校にヒマワリの種を配る運動をしたいと思いますが、どなたかこの運動を一緒に広げてくれる方、もしくは良い知恵をお持ちの方はいらっしゃいますか?

スポンサーサイト

テーマ:地震・災害対策 - ジャンル:ライフ

  1. 2011/03/25(金) 09:42:35|
  2. 店長の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送) | ホーム | 都内から消えたペットボトル!ではどうするか?について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://indian.blog11.fc2.com/tb.php/707-641f6f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。