カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スギナの話

b0002644_0502659.jpg

これから放射能物質に反応して全国のスギの木が花粉を紛失します。セシウムをカリウム養分と勘違いした杉が子孫をたくさん残そうといっせいに花粉を飛ばすのです。

しかしもともと自然にスギ花粉には微量の放射能があるようです(ガイガーカウンターで反応します)。人体に入ったセシウムγ線で受けた遺伝子異常をスギ花粉のβ線が修復するかもしれません。←間違ってるかもしれません。

また、多くの農家は悪魔の企業モンサントの子飼いである「農協」の指導のもと、沢山の農薬を使います。田んぼと畦道の間の斜面などモンサント社のラウンドアップのような強烈で土中の根まで枯れる除草剤で全ての雑草を除去します。が、 春、スギナ(つくしが胞子)だけはすぐに生えてきます。

4億年前から生育しているというスギナは、汚染された土を浄化し、また土中深く地層から様々なミネラル成分を葉に出し、土壌生物が豊かになると自然になくなります。

このスギナがまた薬草としてスギナさえあれば良いというほど素晴らしく、ドイツでは癌治療として、高血圧、狭心症、肝臓、腎臓、などにも効果が働き、カルシウムはほうれん草の150倍、鉄分、マグネシウム、カリウム、ゲルマニウムなど百数十種類に及ぶそうです。

放射能を吸い込んだ人は春のスギナを日干し乾燥し(よく晴れた日なら一日で大丈夫)やかんなどでゆっくり煮立てる様に黄色くなるまで煎じると、かなり良いかもです。

くれぐれも農薬散布してない場所のを使ってくださいね。

こうしてスギナ、ヒマワリ、麻など自然が放射能を除染してくれるように感じます。

すべてはナウシカの世界です。

ちなみにナウシカは映画ではほとんどカットされています。ナウシカの漫画本の方にすべては書いてあります。宮崎駿は予知能力者です。また彼は世界の裏の歴史から植物学まで非常に勉強されています。手塚治虫と一緒です。(今の漫画家はユダヤや宗教観が無いのでストーリーに深みが無いですね)

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ! - ジャンル:その他

  1. 2011/03/22(火) 09:56:17|
  2. 店長の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今は些細(ささい)な事が明暗を分ける | ホーム | 全国の雨の放射能濃度は以下で見れます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://indian.blog11.fc2.com/tb.php/700-67e70ddb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。