カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

民主党政権が遺伝子組み換え大豆」を承認へ

おはようございます。
昨日は友人を招いての海苔巻きパーティーでした。明らかに今朝、お酒の飲みすぎで××です。

さて、皆が2010年により良い社会を実現しようと政権交代させた民主党ですが、ことごとく正反対なことをやろうとしてますね。完全に菅政権の中枢部はおかしな人たちで占められてしまっています。

民主党政権が遺伝子組み換え大豆」を承認へ動いている。遺伝子組み換え大豆は、今、世界中で大問題が発生していて色々な運動が起こっているのに民主党はそれを見ようとしない。遺伝子組み換え大豆は、1つの情報として精子の数を減らす可能性が訴えられている。それは世界の人口過剰問題を解決するであろうから。

c0139575_197910.jpg

以下の記事から問題を考えてみよう。

アジア太平洋資料センター(PARC)
http://twitter.com/#!/parc_jp/status/23845128615493632【拡散希望!】
遺伝子組み換え大豆が、なし崩し的に承認されようとしています!
農林水産省パブリックコメント「遺伝子組換えダイズの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集」にみんなで意見やメッセージを送りましょう!


INYAKU Tomoya
http://twitter.com/#!/tomo_nada/status/22809736764203008アルゼンチンの事件をきっかけに遺伝子組み換え大豆がもたらす健康被害を多国籍の研究者が調査した調査『持続可能?責任ある?GM(遺伝子組み換え)大豆』の紹介文、TUPで活躍する金克美さんが日本語に翻訳してくれました。

            ↓

☆南米を襲う遺伝子組み換え大豆と枯れ葉剤
(日刊ベリタ。無料記事)
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201101060905584
アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルにわたって遺伝子組み換え大豆の栽培によりすさまじい事態が起きている。モンサント社の除草剤によってベトナム戦争で多数生み出された出生障害に類似したケースが続出している。実態調査を発表しようとしたら、組織的な暴力団に暴行を加えられ、アムネスティ・インターナショナルが真相究明を要求する事態に。遺伝子組み換え大豆は何をもたらすのか、国際的な科学者のチームが共同で調査を発表した。これはその紹介である。


c0139575_1837855.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/01/10(月) 10:05:17|
  2. 店長の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魅力的な人になりたかったらニンジンを召し上がれ | ホーム | 世界中で動物達の謎の大量死>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://indian.blog11.fc2.com/tb.php/642-46f6d44b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。