カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高濃度のアルコールを備蓄せよ!

おはようございます。
今日はいい天気ですね。朝6時30分からの犬の散歩、最初は霧が掛かっていた川辺も歩いているうちに次第に晴れてきます。それと同時に気分もいい感じ。散歩途中に一本の大きな木があります。100mダッシュの前にこの木に両手をつけてアキレス腱を伸ばします。その時にこう思います。「木さん木さん、僕の体の悪い気を全部吸い取っておくれ。そうして貴方の良い気を分けておくれ」って。体から悪い気がどんどん出て行くイメージを持ちます。それから木から良い気が入ってくるイメージを持ちます。そうするとなんだか少し違う気がします。気って大事な気がします。

さて、昨日のメモの日米同時国家破産の対応策。一つの答えは、日銀券を政府発行の硬貨に換えることですね。デノミがきても硬貨の額面は変わりません。つまり500円玉は100分の一にデノミになったときには50000円の価値があります。だから500円玉の束を持っていることですね。

そして次の対策が以下の通りです。酒税免許を持っていなければ平時は売れませんがいざとなったら物々交換しやすいです。
a0780_000627.jpg

お金の価値が下がったときには物の価値が上がるから、お金を介して売買するよりもバーター(物々交換)が有利になる可能性がある。もし、将来、食糧難になるような事態になれば、なおさらだ。

物々交換で重要なポイントは、相手が欲しい物でなくては、交換に応じないということだ。いくら、宝石や貴金属類といった高価な物でも、相手が欲しくなければ交換は成り立たない。

終戦直後と同様に、社会が混乱し、明日の食べ物さえおぼつかないというときには、お金は価値をもたない。

とすれば、今後、物々交換を想定した備蓄をしておくことも無駄ではない。
物々交換市場が食糧中心となったとき、一番、等価価値が高い物は何だろう。
つまり1個の物でどれだけ多く、欲しい物と交換できるか、ということだ。

その観点から見れば、<アルコール>が一番、ポイントが高い。できれば、アルコール度数の高いウォッカや焼酎などがよい。
これらのキツイお酒は微量で酔えるから、わずかな量でも満足感がある。そのため、価値が高まるのだ。

社会が混乱すれば人の心も荒れ、鬱屈してくるから、アルコールを求めるようになる。いっとき憂さを晴らすには、お酒の力は大きい。

以上、物々交換を想定した場合、ウォッカや焼酎など高濃度のアルコールを備蓄するとよい、という結論になる。
田舎の農家では、野菜や果物、穀物などお目当てのものをこれらのお酒1本で相当量交換してくれるだろう。
もし、1本1万円となった大根でも、ボトル1本で30本以上と交換してくれるだろう。少なくとも、お金よりも価値があるものに変わっていることだろう。
スポンサーサイト

テーマ:ネットでおこずかい - ジャンル:その他

  1. 2010/12/17(金) 10:24:46|
  2. 店長の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パパパパ教室 開校 | ホーム | 2011年マリーちゃんの手帳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://indian.blog11.fc2.com/tb.php/625-21bf9e2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。