カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尖閣諸島問題の中国人船長の釈放は天下の愚作

今日、尖閣諸島の問題の例の中国人船長(民兵)が処分保留で釈放されたが、これは中国に尖閣諸島の主権を渡してしまうような天下の愚作だよね。現政権はそこんところを良くわかってないと思う。まったく経験がない+中国寄りの姿勢にあきれてしまう。

そもそも元々、日本の固有の領土というのは国際的に明らかなわけだが、日本政府の軟弱さを坂にとって、民兵を使って、そこを突っついてきているのに、粛々と対応すればよかったのだが、4人の人質を取られたからコンニャクになってしまった。

人質の4人は中国の要請を受けて、旧日本軍の武器弾薬を武装解除で接収したソ連や共産党が破棄した毒ガス弾の処理を行う目的で現地入りしていたのに、それを軍事施設を撮影しただの言いがかりをつけられるのであれば、毒ガスの処理は「もうやーめた」とすればよいのである。

またレアアースの禁輸に関しては、レアアースを禁輸して日本がハイテク製品を作れなくなって一番困るのは中国であり、中国が作る機械の中の主要な部品は日本製であるのと、日本のハイテク製品を欲しがっている中国の富裕層が不満をあらわにするほか、中国で工場がストップして暴動を起こすのは中国人である。また現在はレアアースに代わる代替品の開発も急ピッチで進んでいて、それを主導するのは日本である。レアアースの禁輸は歓迎すべきである。

さらにいくつかの対抗処置を発表しているが、それらすべてが実際に行えば中国が困ることである。日本はそれを利用して日本に企業工場を誘致しなおして日本で生産して日本で消費する内需主導国家に切り替えることが出来るのである。

しかし、今日の愚作によって、中国の日本侵略までの道筋をつけたといってよい。

あぁ、バカな番頭さんにはイライラさせられる。イラ菅はもうイラねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 10:26:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Harold Alfredの新作ジュエリーの入荷情報 | ホーム | ポストカードに新商品が追加されました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://indian.blog11.fc2.com/tb.php/548-fa6857d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。