カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マヤ暦について頭に入れておきたいこと

マヤの長老神官アレハンドロ氏は
神聖暦が2012年12月22日で終わるなんて不正確だと言ってます。
その日はほんの3年間マヤ暦研究をした
「ホゼ・アグエイアス氏が導いた日付が世界を独り歩きしてしまったそうです。
当のマヤの神官たちが長年研究をしても正確には分からないのだそうです。
そもそも暦を読み解ける神官たちがスペインに皆殺しにされ
正確な知識の継承がされていない上に、現在使われている
グレゴリオ暦が作られた時、それまで使われていたユリウス暦との間に
空白の時間を(それがどれだけの長さだったかも正確に分かっていない)作ってしまい、
グレゴリオ暦にマヤの神聖暦を正確に当てはめることが出来なくなっていると、
ドン・アレハンドロ氏の講演会で直接この耳で聞きました。
彼は80歳にもなりますが、その間違った日付を打ち消すために
世界を歩き、昨年この日本にもやってきました。
大きな転換期がいつになるのか我々でさえ分からないのだと。

それと、やれ終末だ滅亡だと怖いことを言ってるのは
マヤ以外の人たちです!と強調されていました。
太陽の大きな活動周期は間違いなくあるし、
最高神官も現在が13代目で14代目はいないところをみると
そんな何十年も先ではないと思いますが
2012年12月を皆が信じてしまうと
ノストラダムスの二の舞いになり皆が関心を無くしてしまうのが怖いそうです。
また、その時がもっと早く来てしまうかもしれないのです。
2012年12月にこだわらず「それは近いうち」と訂正して日々暮らすほうが良いです。
ちなみに、ホセ・アグエイアス氏には何度も神官から警告したそうです。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/02(木) 23:14:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月4日APRIL TONE「ホピの予言 2004年版」上映会 | ホーム | マヤ長老会代表、ドン・エルハンドロ氏のメッセージ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://indian.blog11.fc2.com/tb.php/424-b76bf278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。