カナダ先住民専門店「ファーストネーションズ」物語

カナダ北西沿岸ノースウェストコースト地方に伝わる北西海岸ネイティブインディアンアート専門店「ファーストネーションズジャパン」の社長ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら8月13日~16日まで夏季休業とさせていただきます。休業中はメールのやり取りは出来ますが、商品の発送は致しておりません。休業明けより順次、ご注文いただいた商品を発送いたします。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/06(土) 23:06:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

東電福島第一原発の詳細な記録

東電福島第一原発の詳細な記録が時系列でまとめられているサイトを紹介しよう。

福島原発事故
http://fukumitsu.xii.jp/syu_f/FukushimaGenpatsu_1.html

  1. 2011/05/14(土) 21:43:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツのグリーンピースが「レベル7」と評価

http://www.greenpeace.org/usa/PageFiles/285414/greenpeace_hirsch_INES_report_25032011.pdf
世界初の『冷却材喪失事故』が起きた可能性と事実を隠蔽している可能性ありドイツのグリーンピースが「レベル7」と評価

1cc当たり29億ベクレルと、1号機、3号機のおよそ1000倍、運転中の原子炉の水の汚染の桁があがる。
この桁の上がり方は再臨界以外にありえない。通常表示の1kgあたりに直すと、2兆9000億ベクレル。
1 s間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能の量が1 Bqである。従って29億ベクレル/1ccとは
1立方センチ内で1s間に29億個の原子核が崩壊しているということ、燃料棒内の核分裂生成物がダダ漏れってことかな?

超高濃度の放射能汚染水が大量に流れ出てる原発付近の海水は500cc飲んだだけで致死量だそうだ。
東電はヨウ素とセシウムの測定値しか発表しないが、これに測定されていないプルトニウムが混じっていたらと思うとゾッとする。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110327/k10014927701000.html
http://www.asahi.com/national/update/0327/TKY201103270087.html

測定し始めてすぐに針が振り切れたため測定員は、強い放射線量と判断、測定を中止して退避した。


  1. 2011/03/27(日) 21:22:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むしろ多少の放射線は身体に良い

多少の放射線は身体に良いらしい。

ホルミンス説という学説があって、放射能に対する免疫反応が逆に体を丈夫にするとか。
実際にヒロシマ・ナガサキの被爆者に、異常に長生きする人が多いデータがあったり、同じく同地区には優れた頭脳の持ち主やスポーツマンがたくさんいるらしいです。

また、放射能に対する免疫も出てくるわけで耐性をもつスーパー人間が出るそうです。一部の人はそれを光の子と呼んでいるそうですが…。実際に放射能を受けていても免疫を高める極陽性の食事をしていればこの光の子に慣れるかもしれない。

また、マスコミがセンセーショナルに取り上げる「○○シーベルトの数字」というのは、いわば「瞬間最大風速」みたいなもんで、同じ場所でも「石垣の近く」「アスファルト舗装の道路近く」で大幅に数字が違っていたりするので、原発事故直後の、しかも雨が降った直後の数字だけを取り上げて「この数字が一年間続けばどうこう」とか騒ぐのは、バカな話なのかもしれない。

核分裂生成物の寿命は一般に短く、長いものでもセシウムとストロンチウムの半減期30年程度です。物理的な半減期の存在に加え、拡散して希釈されます。また、生体に取り込んでも、ずっとそのままではなく代謝によって多くが対外に排出されます(生物学的半減期が核種ごとに判っています)。

一部、栄養素と勘違いして体内に取り込んでしまって体内濃縮してしまうこともありえますが、日本に古くからある食生活を続けていれば影響がすくなくなるはずなのです。

戦後、日本という国は数々の放射能の影響下にあったわけで、世界でも稀な放射能に縁のある国なのです。原子爆弾を2発も落とされたっていうのはお話しするまでも無いのですが、戦後、国民全員がやれレントゲンだのCTスキャンなど世界で類を見ないほど放射能を浴びているわけです。また中国が砂漠で核実験をしていますが、その放射能が黄砂とともに降り注いでいるわけで日常的に放射能を浴びている日本人は、ある意味、耐性がもともとできているのかもしれません。

毎日毎日、悲観論を見ていると気分も悪い。
経済にも悪い。

もう楽観視で行こうと思います。


  1. 2011/03/25(金) 22:22:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北地方太平洋沖地震 各地放射線量モニタリング情報全国、各都道府県の放射線量モニタリングポスト、関連情報などを公開しています

東北地方太平洋沖地震 各地放射線量モニタリング情報全国、各都道府県の放射線量モニタリングポスト

これから数ヶ月は、毎朝この情報を取ってからの行動となりそうだ。

http://wiki.livedoor.jp/ok2222/
  1. 2011/03/19(土) 11:41:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

スギヤマン

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。